執行委員長挨拶

 

ろうきんセントラル労働組合ホームページへようこそ

ろうきんセントラル労働組合ホームページへようこそ
 
労金の中央機関で働く仲間の皆さん、そして組織内外の皆さん、ろうきんセントラル労働組合のホームページにお越しいただきありがとうございます。
 
ろうきんセントラル労働組合は、労金の中央機関(全国労働金庫協会・労働金庫連合会・日本労働者信用基金協会・全国労働金庫健康保険組合・全国労働金庫企業年金基金・労金カードサービス)で働く仲間で組織する労働組合です。
 
このホームページは、私たちの活動を紹介するのはもちろんのこと、より多くの皆さんに私たちの組織を知ってもらうために開設しています。組合員の皆さんのみならず、その家族や全国の労金ではたらく仲間に“より身近な組合”と感じてもらえたら幸いです。
 
2003年11月29日(土)に開催された結成大会において、労金の中央機関に組織していた「労金中央労組」と「総合センター労組」は、新たに発足する「ろうきんセントラル労働組合」として統合することを決議しました。
 
現在は2支部15分会、337名の組合員(2016年6月現在)で、職場の課題・悩みを解決するべく日々の活動を展開しています。また、連合東京をはじめとする地域での連帯や働く仲間との行動にも参画しています。
 
ろうきんセントラル労組のビジョンは、「安心して働ける職場をつくり、職場風土を変えることにより労働金庫の発展と労働条件のさらなる向上」です。また、すべての活動の基本方針として、組合員の目線に立った活動の実践により、組合員にとってやりがいと働きがいのある職場環境作りを行うとともに、自立した組員同士の一体感を醸成することを目指します。
 
労働組合の活動は、そこに集う組合員・働く人の参加によって成り立っています。一人ひとりの持てる力と英知を結集し、団結することによって私たちの夢の実現に向けて運動を展開していきます。
 
組合員の皆さん、共に頑張りましょう。
 
執行委員長 酒井 伸広